softLED

Image

LEDを調光する場合、一番多く使われるのがPWM制御といわれる方法です。softLEDは、その制御をDC(直流)にすることにより、自然な調光を可能にしました。電圧は約280Vで200Vの間で可変させます。ACの誘導ノイズなどが乗りにくい2線式のシステムです。今ある照明設備の電源ケーブルをそのまま利用し、負荷側をsoftLEDのランプに変え電源側を専用DC調光器を割り込むだけで素晴らしく美しい調光ができるLED照明にリニューアルすることが可能です。

softLED詳細説明

Image